脂肪の燃焼を促し、飲むだけでダイエットサポートしてくれると話題のコンブチャクレンズですが、毎日同じ味だとどうしても飽きがきてしまいますよね。

コンブチャクレンズは美味しく長く続けられるためにも、アレンジすることができるのですが、ホットミルクと混ぜることもできるのでしょうか?

ホットミルクと混ぜれば美味しくなりそうなのですが、効果に変化はないのか、飲み方についてまとめてみました。

ホットミルクと混ぜても大丈夫?

コンブチャクレンズは原液のままでもいいですし、水や炭酸水、ヨーグルトにかけるなど色々なアレンジを行うことができます。

中にはコンブチャクレンズの原液の味が苦手…という方も一部いるようですが、ホットミルクにすることで味がまろやかになり、美味しくいただくことができると評判です。

しかし、ホットミルクと混ぜることで、コンブチャクレンズに含まれている成分が壊れてしまうことはないのでしょうか?

コンブチャクレンズは牛乳と混ぜても成分効果が変わってしまうこともないですし、冷たい牛乳でもホットミルクでも問題なく飲めることができます。

いつ飲むのが効果的?

コンブチャクレンズは基本的にいつ飲んでもいいのですが、ホットミルクに混ぜて飲むのであれば、夜寝る前に飲むといいでしょう。

ホットミルクにはリラックス効果があり、睡眠の質を高める効果があるので、どのタイミング飲もうか迷っているのであれば、寝る前に飲むことをおすすめします。

またダイエット効果を高めるのであれば、食前に飲むのもいいですね。

食前にコンブチャクレンズが入ったホットミルクを飲むことで、成分の吸収力を高めるだけでなく、空腹を抑える効果も期待できるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

毎回ホットミルクに入れて飲むのはダメ?

ホットミルクと一緒に飲めば、さらに飲みやすさがアップし、ダイエット中に不足しやすいカルシウムを摂取することができるので、それなら毎日ホットミルクに入れて飲むといいのでは?と思いますよね。

コンブチャクレンズをホットミルクに入れて飲むと、味が和らいでさらに飲みやすくなるのですが、ダイエット中であれば毎回ホットミルクに入れる飲み方はおすすめしません。

牛乳は飲み物の中でもカロリーが高く、1杯分(200ml)でも134キロカロリーになります。

濃厚牛乳であれば、さらにカロリーが高くなり、1杯あたり146キロカロリーとなるので、飲み物の中ではかなりカロリーが高いですよね。

たまにであれば問題くらいのカロリーですが、毎日ホットミルクに入れて飲んでしまうとダイエットの進みが悪くなってしまうので、飲む頻度は気をつけましょう。

ダイエットを成功させるための上手の飲み方

コンブチャクレンズはそのまま飲んでも大丈夫ですが、毎日同じ味だとずっとは続けていけないですよね。

だからといってアレンジの仕方によっては、カロリーを摂りすぎてしまい、ダイエットの妨げになることも。

コンブチャクレンズをアレンジする時に注意しなければいけないのは、コンブチャクレンズを割る飲み物のカロリーです。

あまりカロリーが高いものとばかり割って飲んでいると、カロリー摂取量が増えてしまうので気をつけましょう。

ですが、たまにあればホットミルクなどと割っても問題ないので、どのようにアレンジして飲むかバランスを見ながら行ってくださいね。

コンブチャクレンズはホットミルクと飲むことで、空腹感を抑え、まろやかな味わいにすることができるメリットがあります。

ですが、ホットミルクのカロリーは低いとは言えないので、毎日ではなく、たまに行うアレンジの一つとして摂り入れることで、ダイエットのストレスを感じることなく、楽しみダイエットを進めていくことができるでしょう。